アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

レンタルの利用

ひな祭り

 着物を着慣れていないと、着用しているうちに着崩れを起こしてしまいます。
また、そもそも自分で着付けすることができないという人が多いので、最近では購入せずに必要に応じてレンタルを利用するという人が増えてきています。
レンタルであれば、着用後の手入れや保管方法などに気を配る必要がありませんので、気軽に利用することができます。
また、購入するよりもレンタルする方が、格段に費用を安く済ませることができます。
さらに、レンタルショップには着物の知識を豊富に有している店員がいますので、何かと便利です。

留袖の柄や帯について
 留袖は、胸元には柄が入っておらず、裾にだけ柄模様が入っているという特徴があります。
この柄にも様々な種類がありますので、着る人の年代や立場に合わせた柄模様を選ぶ必要があります。
若い方には、総絵羽模様に近い華やかなものの方が似合います。
年配の方の場合は、裾の方にスッキリとした模様が入っているものを選ぶようにした方が上品な印象になります。
一方、帯は、泥金や錦織、唐織などの袋帯を二重太鼓で締めるのが一般的です。
帯の格も着物の格に合わせるようにしないと、ちぐはぐな印象になってしまいますので、注意する必要があります。

黒地と色地の違い

初詣

 留袖はミセスの第一礼装です。
黒地のものと色地のものの2種類がありますが、色地のものはどちらかというと略礼装に近い扱いになります。
ですので、正式なお祝いの席に着用するのに最もふさわしいのは。
黒地のものということになります。
非常に格調の高い着物ですので、結婚式に新郎新婦の母親や近い親戚が出席する場合や、仲人として出席する際に着用するのが普通です。
一方、色留袖の場合には、結婚式に友人・知人として招かれた場合や、初釜の際などに着用するケースが多いです。

着物のよさ

卒業式

カジュアルに慣れている若い方達は洋服が楽と思われるでしょうが、現代の着物の着付けは、昔よりも楽に着れるようになっていて、レースなどとも組み合わせるお洒落な着方が流行りとなっています。
幅広い世代が、自分にあった着方をコーディネートできるのです。
何よりも、世界から見た時に着物の美しさは挌別なものがあります。
外国の方は、着物をとても美しい衣装だと感じているので、大勢の若い方達にも着てほしい素晴らしい伝統衣装です。

アンティークもお勧め
昔の時代にしか織れなかった着物などは、アンティークとして非常に価値があります。
新しいものにはない味わいや風格がありますし、昭和の着物などは独特な織りの生地で再現が困難です。
レンタルですと、こうした普段は手にできない時代の着物を着るチャンスがありますので、お値打ちです。
購入できなくても、レンタルというサービスを活用しながら、末長く日本の伝統衣装を身につけて、街に御出かけしてほしいですね。
そして若い世代に受け継がれていくと素敵です。

レンタルが便利

春の桜

親戚が結婚式を挙げる時に、女性は留袖という着物が一般的です。
しかし高価で管理も手間のかかる留袖は、購入するのもなかなか大変な時がありますね。
そんな時には、式場であらかたレンタルを申し込んでおくのも便利です。
着物は格調が高くて、日本のお祝い行事には素晴らしい衣装ですが、遠路を着てくることも大変なことから、近年ではなるべく労力が少なく済むようにと、着物の着付けやヘアーなども、式場に入ってからする方達が増えてきています。