効き目が高い抗アレルギー薬

アレルギーに対して絶大な効果を発揮する抗アレルギー薬は、きちんと症状にあわせて正しい使用方法でご利用いただくことが大切です。種類も様々にありますので、その中でも有名なものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

症状に合わせて販売されている抗アレルギー薬

アレルギー疾患には、アレルギー性鼻炎、喘息、アナフィラキシー、食物アレルギー、花粉症、じんましん、アレルギー性皮膚炎などがあります。もちろん、それぞれに対して有効な抗アレルギー薬を用いなければなりません。さて、抗アレルギー薬にはどんなものがあるのでしょうか。抗アレルギー薬には,メディエーター遊離抑制薬、やヒスタミンH1受容体拮抗薬、トロンボキサンA2阻害薬、ロイコトリエンLT受容体拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬があります。
例えば、メディエーター遊離抑制薬はアレルギー性皮膚炎に対して用いられます。これは、アレルギー症状の原因となるヒスタミンという物質の分泌を抑制することによって、アレルギー症状を緩和するという仕組みです。具体的に販売されているものとしてはクロモグリク酸ナトリウムなどがあります。
他の種類の薬も見ていきましょう。ヒスタミンH1受容体拮抗薬はその名の通り抗ヒスタミン作用を持つ薬で、主にアレルギー性鼻炎に使われます。販売されているものでは、塩酸フェキソフェナジンが有名です。
次にトロンボキサンA2阻害薬です。これはトロンボキサンA2の合成を阻害する、または作用を抑制することによって症状の改善を促します。主に喘息に用いられています。塩酸オザグレルやセラトロダストなどが販売されています。
ロイコトリエンLT受容体拮抗薬、この抗アレルギー薬は先に述べたメディエーター遊離抑制薬やヒスタミンH1受容体拮抗薬より効果が早く現れることがメリットで、気管支喘息に用います。一般にはプランルカストなどが販売されています。
さて、Th2サイトカイン阻害薬はどうでしょうか。これは気管支喘息、アレルギー性鼻炎などに効果がありますが、効果が現れるまでに数週間かかります。現状、このタイプの薬はトシル酸スプラタストしかありません。

自分にあった抗アレルギー薬を選ぶことが症状改善への第一歩です。

■花粉症で一番人気です
アレグラの処方薬と市販薬の違い
■アレルギー薬はもちろんその他の薬も豊富です
医薬品 ネット販売
■眠気などの副作用が少ない薬です
ジルテックでアレルギー症状緩和