アレルギーに対して絶大な効果を発揮する抗アレルギー薬は、きちんと症状にあわせて正しい使用方法でご利用いただくことが大切です。種類も様々にありますので、その中でも有名なものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

赤坂見附で処方される鼻づまりに効果のある抗アレルギー薬

赤坂見附駅の近くの病院では花粉の季節になると多くのサラリーマンなどが抗アレルギー薬の処方を受けるために受診するのですが、鼻づまりの場合は内服薬よりも点鼻薬が多く処方されていて直接粘膜にスプレーするので即効性が高いので急に鼻づまりになった場合などには非常に役に立ちます。赤坂見附の病院では減感作療法などによって花粉アレルギーを軽減する治療なども行われているのですが、治療期間が長くなることから花粉の時期だけ鼻づまりなどの症状を抑えるという対症療法が行われています。抗アレルギー薬は第二世代の抗ヒスタミン剤が多く処方されているので眠くなりにくく、鼻炎や喘息などにも効果があるのでアレルギー性鼻炎だけでなく喘息患者にも新しいタイプの抗アレルギー薬が処方されています。赤坂見附の病院は基本的には周辺のビルなどで働いている人が多いので眠くなりにくい抗アレルギー薬が処方されていて、仕事中に眠くならないので安心して服用することができます。また古いタイプの抗アレルギー薬は自動車の運転も認められていなかったのですが、新しいタイプの抗アレルギー薬は脳に吸収されにくいので眠気や集中力の欠如などの副作用がほとんど起こらなくなっています。しかし抗アレルギー薬を長年使い続けている人の中には反射的に眠くなってしまう場合があるので、眠くなるという思い込みが強い場合には自動車の運転や慎重に作業を進めなければならない仕事などをしないようにします。鼻づまりは鼻の粘膜が炎症を起こすことで粘膜がむくんでしまって空気が通らなくなるもので、点鼻薬をすることで血管が拡張されて症状が改善されるのですが、毎日使い続けていると耐性が付いてしまって効果がなくなることもあります。