アレルギーに対して絶大な効果を発揮する抗アレルギー薬は、きちんと症状にあわせて正しい使用方法でご利用いただくことが大切です。種類も様々にありますので、その中でも有名なものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

蚊に刺されて腫れの症状が強い場合は抗アレルギー薬を

夏になると大人も子供も痒くて不快な虫刺され。
ここでは蚊に刺された時の症状についてお話します。
蚊というとここ数年デング熱が東京で感染確認されたこともあって気を付けている人もいるでしょうが、大半は血を吸う不快な小さい虫程度の認識でしかなく、刺されてもまさかアレルギーが出るなんて考えもしないのではないでしょうか。
蚊による虫刺されの腫れや痒みの症状が出る原因は、針のような口で刺されて皮膚の下に注入される唾液にあります。刺されたことを気づかなくさせる麻酔成分や血液を吸う時に固まるのを防ぐ成分などが含まれていて、これにアレルギー反応を起こして腫れや痒みが起こります。この症状が強く出る人は要注意です。ひどい人は痒みを通り越して痛みを感じる人も。アレルギー反応で起こっている症状なので抗アレルギー薬を飲むことで落ち着きます。
蚊に刺されて発赤の部分が大きく皮膚の下で固くなってしまう、刺された跡が水膨れになったり化膿したりして治るのに長い時間がかかる、発熱や蕁麻疹が出るという方は蚊刺過敏症を疑わなくてはなりません。
水疱瘡やヘルペスウイルスの仲間であるEBウイルスはごくありふれた、20歳までに90%の人が感染して免疫を得る感染症のウイルスです。大抵は発熱やリンパ節の腫れなどを経て2週間程度で治癒し無症状のまま治癒する人もいる病気なのですが、これを慢性的に感染した状態の人がいます。その人が蚊に刺されると蚊の唾液のアレルギー反応がEBウイルス感染症の症状も悪化させ、時には危篤な症状に陥ることも。
ウイルスの特効薬はありませんから対症療法で抗アレルギー薬を処方されることがあります。
蚊に刺された症状がひどい場合は医療機関を受診または相談しましょう。
またひどくなるのが想定される場合は時期前から抗アレルギー薬を処方してもらい内服するのも有効です。